日本語 English
Minato Unesco Association

国際学術文化委員会

国際学術文化委員会は、国際理解に繋がる、さまざまなイベントの企画を行っています。世界の情勢はテレビや新聞などのメディアで日々報道され、またインターネットでも配信されてはいますが、講師の方から生の声で、生きた情報、専門的見地からの解説を伺うことは非常に意義のあることだと考えております。企画メンバーは約10人で、年に3~4回開催しています。皆さまのご参加をお待ちしております。

国際理解講演会

国際理解講演会は、話題性のあるタイムリーなテーマで開催しており、講師の方には専門的な見地から、分かり易い解説をいただいています。最近では、縄文やルーマニアのクラシック音楽、世界遺産などをテーマに開催しました。講演会のテーマに関心を持っていただく一助になれば幸いです。

シンポジウム

シンポジウムも、時節に合ったタイムリーなテーマで企画しており、専門家による基調講演、専門家や学生などさまざまなパネリストの講演のあと、活発なパネルディスカッションが行われております。2019年度以降、「平和を考えるシリーズ」として、SDGs(持続可能な開発目標)に沿った「気候変動」、「海洋科学」をテーマに開催いたしました。参加者の方々の、テーマについてのリテラシーが上がるような解説をしていただいております。

活動内容

地域が育てる自然保護区 -ユネスコエコパーク-

11月 19, 2021
地域が育てる自然保護区 -ユネスコエコパーク-
ユネスコは50年前に「人間と生物圏(MAB)」計画を発足させました。MAB計画の下で地域主導、持続可能な開発目標(SDGs)のモデル地域、保護と利用と学びあいの場としてのユネスコエコパークが日本に10か所登録されています。自然保護区を通じたSDGsのあり方を考えるシンポジウムです。

スペイン王国レコンキスタ時代の歴史と世界遺産

7月 10, 2021
スペイン王国レコンキスタ時代の歴史と世界遺産
世界遺産アカデミー認定講師の友野智子氏による講演。テーマは「スペイン王国レコンキスタ時代の歴史と世界遺産」。イベリア半島のキリスト教とイスラム教の約700年にわたる詳細な歴史の解説と世界遺産について解説いただきました。

イタリアの建築文化

3月 5, 2021
イタリアの建築文化
FS総合研究所代表で、元国土交通省土地・水資源局長の倉林公夫氏に、美しい街並みやパラーディオら優れた建築家による作品群。ヴィチェンツァ、ヴェネツィア、ヴェローナ、ミラノなど北イタリアを中心にイタリアの建築文化を概観し、知性と技術のスパーク、修復保存の意味などについて、日本文化とも対比しつつ解説していただいた。 

魅力ある海を次世代につなぐために

12月 11, 2020
魅力ある海を次世代につなぐために
海があって、人類を含む生物がいてこその地球です。海が健全な状態で維持されなければ、人類の存続は危ういものとなります。 海をよく知り、持続可能な地球をめざす国連全体の活動が2021年から始まります。我々は海に関して何をすればよいか、一緒に考えます。

国際学術委員会アーカイブ