日本語 English

Minato Unesco Association

ロシアのウクライナ侵攻への抗議声明

第二次大戦後、世界はユネスコ(国際連合教育科学文化機関)を中心に平和を築くための努力を積み重ねてきた。この度のロシアによる主権国家としてのウクライナへの武力による攻撃は国際連合憲章上、許されないものであり、その国連の常任安全保障理事国であるロシアが公然と軍事侵攻することは、ありえない事態といわざるをえない。このようなことが看過されると、戦後営々と築かれてきた世界各国の安全を担保する国際秩序が根幹から揺り動かされることになる。このことに関してはユネスコも下記声明を発し、国連のグテーレス事務総長も最悪の事態として非難をしている。ユネスコの理念に共鳴して活動する我が国の民間ユネスコ運動の一端を担う港ユネスコ協会もこの事態に抗議するとともに、一日も早い平和的な解決を祈ります。

ウクライナに関するユネスコの声明(2022年2月24日)
https://www.unesco.org/en/articles/unescos-statement-recent-developments-ukraine

2022年3月7日
港ユネスコ協会

港ユネスコ協会とは

 港ユネスコ協会とは、1981年10月17日に設立された、東京都港区内に拠点を置いてユネスコ活動を行っている民間のボランティア団体です。

 2021年11月26日(金)に開催された、文科省ユネスコ未来共創プラットフォーム事業の「第5回ユネスコ未来共創ダイアログ」で、永野博会長が港ユネスコ協会の活動を紹介しました。


 東京港区は日本で最初に外国公館が置かれたところです。現在大使館の半数以上が同区内にあり、また人口比で在住外国人が最も多い地域の一つであり、外資系企業の多さは日本一です。そんな地域的要請から、区内在住の外国人と日本人のよりよい交流を目的に当協会が発足しました。会員制で、現在会員は同区内ばかりでなく首都圏にまで及んでいます。

 活動は、地球人として我々はどうすべきかを考えるシンポジウム、ゆかた着付けや書道など実演により紹介する日本の伝統文化紹介、国際理解講座、世界の味文化紹介、みなと区民まつり参加、語学教室など興味深い行事が目白押しです。これら活動の多くは、港区教育委員会との共催により行われています。

 一度覗いてみませんか。そしてあなたのご参加をお待ちしております。

ユネスコとは…
パリに本部を置く、国際連合教育科学文化機関のことです。
その英語名のUnited Nations Educational, Scientific and Cultural Organizationの頭文字をとってUNESCOと略称され、親しまれています。
ユネスコの目的は、ユネスコ憲章の中に「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」という言葉ではっきリ示されています。
日本は1951年7月、60番目の加盟国となリました。
民間ユネスコ運動とは…
ユネスコ協会は、民間のボランティア団体です。「相互理解を深め、教育・科学・文化コミュニケーションの分野で、国際平和と人類共通の福祉を促進しよう」というユネスコの理念に共鳴した人びとによって、世界で初めて民間によるユネスコの協力団体が、1947年仙台で誕生しました。この運動はまたたく間に日本全国に波及し、現在は280をこえる協会が各地で活動しています。